インデックス投信 アクティブ投信 投資信託

投資信託で負けないために読むブログ

インデックス投信やアクティブ投信の上手な運用法を公開

メニュー

逆張りは大丈夫?投資は買うタイミングは重要じゃない?投資=勇気投資デビューする前に

逆張りは大丈夫?

新年早々、大発会で日経平均も爆上げし、今年も株高を期待できる始まりとなりました。

ただ気を引き締めていかないといけないのは、このように多くの方が株が上がると思っているときは逆に下がることが多いんです。そこで逆張りをする人も結構います。

僕は逆張りはかなり勇気がいることなので基本的にはしませんが、過去を遡ってみても逆張りで大きな利益を上げた人は非常に多いんです。

株なんて上がれば下がるし、下がれば上がります。まずはこれが基本です。本当に単純なので、長期投資をするのであれば大きく下がった株を買って10年くらい放置すればほとんど利益が出ています。

逆に大きく値を上げた株は利益確定売りなどに押されてどれほど業績が良くても株価が下がったり、下がらなくても一定期間調整期間に入り株価は上がらない物なんです。

だから逆張りは意外と理にかなっているというか、効果的な投資手法かもしれませんが、初心者がこの逆張りを行うのはまず無理で、大きなファンドなどが仕掛けてくることが多いです。

ですので業績が良くても株価が上がらない銘柄はチェックしておいて、タイミングを見はかっらって買うことができれば大きな利益を上げることができるかもしれません。

いずれにしても個人投資家がファンドに勝つことは難しいので、難しく考えるのではなく、素直な気持ちで株を買うことをおすすめします。

投資は買うタイミングは重要じゃない?

投資=勇気と言うお話を前回しましたが、それと繋がることとして投資を始めるタイミングを見計らっていてはいつまでたっても投資を始めることができないということです。

そのような人たちに共通するのが、今は投資をするタイミングではない、今が高値でもう少し下がってから投資しようと考えているからです。

残念ながらそのような人たちは下がってきたら下がってきたで、まだ下がるだろうと考えて投資せず、上がってきたら上がってきたらで、また下がるだろうと考えて、結局いつまでたっても買えないんですよ。

正直言って投資初心者がベストなタイミングで投資を始めることなんてできませんし、多くの場合、買ったすぐには含み損が出てしまうことのほうが多いと思います。

もちろん運良く買った直後から含み益が出る可能性もありますが、そんなこと稀です。

つまり投資をすると決めたら1日でも早く投資を始めることが最高のタイミングなんです。

まずは始めなければ投資については分かりません。そして投資歴が長くなればなるほど、色々分かってきますので、投資について興味のある方は小額からでも良いので、1日も早く投資を始めることをおすすめします。

投資=勇気

投資は勇気だと思んです。誰だって自分の大事なお金を減らしたくないので、なかなか投資の一歩を踏み出せない人が多いように感じます。

しかしそれではいつまでも投資を始めることができません。

例えば株が上がっているときに、まだ上がるだろうと思えば株を買うことができますが、もう下がるだろうと思えば買うことができません。

逆に株が下がっているときに、もう上がるだろうと思えば株を買えますが、まだ下がるかもしれないと思えば株を買うことができません。

つまりどちらもネガティブな思考の人は一歩を踏み出せないんですね。

これは株などの投資だけに限らず、どんなことでも勇気をもって一歩を踏み出さなければ何事も始まりません。

もちろん投資を始めるタイミングによってこれから投資を続けていくモチベーションやトータルリターンも変わるのは確かですが、それよりも投資市場からすぐに退場しないように続けていくことが最も重要なんです。

経験は何事にも代えられませんので、投資を始めていないがまだ投資を始めていない方はぜひ、勇気をもって一歩を踏み出してもらいたいと思います。

投資デビューする前に

それにしても盛り上げっていますね。何がって?当然日本をはじめアメリカなどの株式市場ですよ!アメリなんてニューヨークダウが連日、過去最高値を更新するなど絶好調で、日本も13日連続で日経平均が上がる、いわゆる13連騰と実体経済とは共わない?くらい上がっています。

アメリカの場合は景気が良いから上がっているかもしれませんが、日本の場合は選挙前で、選挙で自民党が圧勝しそうなので、その影響で値上がりしているんでしょうね。選挙後、予想通り自民党が圧勝した場合、どれほど株価が上がるのか?それとも自民党圧勝をすでに織り込み済みなので利益確定売りに押され下がるのか?注目したいですね。

さてそんな盛り上げっている株式市場ですが、実際国民の3~5人に1人、つまり国民の20~40%ほどの人が株を保有しているというデータがあります。

ですので株が上がれば日本国民の多くが恩恵を受けることになるんですね。

このデータを見て、えっ?俺の周りに株やってる奴なんていないよーと思っている方も多いのではないでしょうか?実はその通りでこのデータはあくまでも株を保有している人たちで、実際に株取引を頻繁に行っている方となるとかなり少ないからです。

と色々言いましたが、何が言いたいかというと、投資しないとお金は増えませんよ、ということです。

もちろん仕事してお金を稼ぐことが大前提ですが、いつ何があるか分かりません。会社がつぶれるかもしれないし、リストラにあうかもしれないし、病気、ケガなどで働けなくなる可能性だってあるわけなので、そうなる前に資産運用のことを本気で考えたほうが良いです。

そこでこのブログを通じて、資産運用、特に株、投資信託を行っていない方に具体的にどのように運用していけばよいのかをレクチャーしますので、これから投資デビューしたい方はお楽しみに!

メニュー

逆張りは大丈夫?投資は買うタイミングは重要じゃない?投資=勇気投資デビューする前に


Copyright ©投資信託で負けないために読むブログ All rights reserved.

ログイン